アナボルやアンドロリックタブレットの副作用とは

筋肉増強をアナボル・アンドロリックで 私の体験記

アナボルやアンドロリックタブレットの副作用とは

筋肉増強剤として人気があるアナボルタブレット。
ネット通販が流通している現代では日本で製造されていない医薬品も市場に出回り、求めるユーザーも多くなってきている。
よくこういった筋肉増強剤の説明として副作用のことがでてくる。

アナボルも同様で副作用があるがどういった症状がでるのか解説したい。
副作用の傾向と対策を勉強し、効率よくアナボルを使ってもらいたい。
まずアナボルなどの筋肉増強剤は男性ホルモンの類似物質で構成されている。
筋肉構築の際、男性ホルモンの代用としてその類似物質が使われるため、効果的に筋肉が作られるというわけだ。

しかし、体内の男性ホルモンはバランスを考えて一定を保っているため、そこに過剰なホルモン類似物質が入ってくると体の様々な場所に悪影響を及ぼす。
肝臓疾患や高血圧、肌荒れなどその症状は個人差がある。
だがこうった症状は主に過剰な摂取や服用サイクルをしっかり決めてやらなかったケースがほとんどだ。
また最近は副作用を抑えるための薬も売られているため、併用して飲むことをお勧めする。

大きな効果を持つ薬にリスクはつきものである。
そういった薬を上手に使いこなすことで、理想の肉体を作ることが可能になるのではないだろうか。